■業務系ソフトウェア開発

サンテックでは、組込みソフトウェア開発のほかに業務系ソフトウェア開発にも力を注いでいます。 業務系ソフトウェアは、主に業務の効率化や自動化を目的として開発されるソフトのことをいいます。 また、これらの業務に関わるコンサルティングも各業務に精通した営業企画スタッフがお客様のニーズ を把握し、業務支援の具体化と進行を担当します。 サンテックでは大きく別けて、4つの分野の業務系ソフトウェア開発を行なっています。

◆計量

計量作業の効率を上げるソフトウェアの提供をしています。<事例>

  • 荷物を運びながら計量を行なうソフトの開発(トラックスケール)
  • 計量データのマニフェストや請求書を自動作成するソフトの開発(計量データ処理システム)
  • 工場の計量作業を簡単に行なうソフトの開発(工場製品計量システム)

などがあります。

◆コスト削減

業務の自動化を行い、労力や人件費などのコストを削減します。<事例>

  • 配送荷物の情報が専用の読み取り機器ですぐにわかるようにするシステムの開発(QRコード)
  • 古くなった機械のコンピュータやシステム部分の更新・改造(レトロフィット)

などがあります。

◆経営・営業力の強化

収益の増加や営業効率の向上を目指したシステムの提案を行なっています。<事例>

  • 学校や予備校の制と獲得数を伸ばすための広報の効率を上げるシステムの開発(広報システム)
  • 通販サイトやホームページの開設(Web事業)
  • 給与の管理を行い、決済作業の効率を上げるシステムの開発(給与管理システム)

などがあります。

◆管理の強化

安全性の高い管理システムの提案を行なっています。<事例>

  • パソコンのネットワーク管理を強化するシステムの開発(ネットワーク管理システム)
  • 入退場の管理を行なうシステムの開発(入退場システム)
  • 出勤や退勤の管理を行なうシステムの開発(勤怠管理システム)

などがあります。


このほかにも多数の業務系ソフトウェアやシステムの開発を行なっております。